HOME  > 障がい児施設 すぽまい  > 指導者紹介 

すぽまい講師
岡村先生

しんご先生(岡村 真吾)

運動やスポーツを続けていくと、とても良い効果が表れてきます。
各種器具に応じた動きをすることによって、全身の筋力がアップし、バランス能力・リズム能力・反応能力・操作能力・認知能力も高まります。 また、体を動かすことで、脳への伝達能力も高まり、精神的にも安定し、日常生活にも落ち着きがでてきます。

すぽ・まいは、子供たちの可能性を伸ばすための運動と創作時間により、動と静のメリハリをつけ、身体的・精神的な成長を促しているのが特徴です。
将来子どもたちが、社会で役立つ力を身につけられるように、そして活躍していくように育成することを目標としています。

子どもは一人ひとりの性格や個性が違い、特に成長期の子どもたちは、その日の出来事(幼稚園や学校、家庭)で心の状態を左右します。
ですから、一人ひとりの言動や行動をよく観察しながら、何事も全力で褒め、全力で叱り、子どもの心とふれあう指導を何より大切にしています。
子どもたちは回数を重ねるたびに、鉄棒に長くぶら下がれるようになったり、跳箱で両足踏み込みができるようになったり、前転ができるようになったり、自分自身の力で身体的能力の可能性を広げていきます。
また、生活面でも靴を決まった場所に片付けられるようになったり、座って先生の話が聞けるようになったり、毎回成長していく子どもたちを見てうれしく思います。

保護者の皆さまへ
子供たちの可能性は無限です。 最初は嫌がって泣くお子様も大勢います。
なく我が子の顔を見るとつらいかもしれませんが、お子様の成長のために、私達を信頼してお預け下さい。
すぐにお子様の成長を感じていただけると思います。


東面先生

まき先生(東面まき)

成長期の子どもたちが運動やスポーツをすると、力がたくさんついて身体が強くなります。
ルールを守ることができるようになったり、協調性や個性も豊かになります。

すぽ・まいでは、何よりもケガをさせないことを第一に考え、そのうえで楽しみながら、少しずつ運動ができるように心がけて指導しています。
また、一人ひとりの個性や苦手なところを理解したうえで、運動面と療育面を考えています。

指導をしていて、子どもたちの可能性や成長を感じるのは、最初は泣いていてお母さんから離れられなかった子が、ある日、泣かずに親から離れて「行ってきます」が言えるようになったり、うまく言葉でのコミュニケーションができなかった子が、接する回数が増えるごとに理解できるようになった姿を見た時、大きな成長を感じ、とてもうれしく思います。
たくさんの子どもたちといっしょに、もっと楽しく、時には厳しく運動や療育をして、子どもたちとふれあっていきたいです。


丹羽先生

ちぃー先生(丹羽ちはる)

すぽ・まいは、『スポーツを楽しみながら、心(マインド)を育む』の名前の通り室内でスポーツが出来る施設です。
集合住宅やおうちで思いきり動けない分、すっきりするまで存分に遊んだり、発散することができます。
スポーツは、強い身体を育てます。また新しい運動にどんどんチャレンジすることで、出来た時の喜びが自信につながっていきます。
たくさん身体を動かすことで、心も身体も健康になり、生活リズムにも良い影響を与えます。
ですから、子どもたちにはできることからゆっくりでもいいので、楽しみながら色々な事にチャレンジもしてもらいたいと思います。

開講の曜日によって少し年の離れたお友達もいますが、時にお兄さんらしいお友達を見て、おもちゃのゆずり合いや気になる新しい子に声をかける子など、保育園や学校では出会えない交流もあり、たとえば小学生が幼稚園児に気を使えるようになるときにとても感動します。
これからも一人ひとりの子どもの個性を大切にして、私たち指導者も子どもたちと毎日一緒に楽しみたいと思います。
ゴールはありません。それぞれのペースで指導し、その子その子の秘めた才能や楽しめるポイントを探りながら、子どもたちの限りない可能性を伸ばしていきたいと思います。

お預かりする間は全スタッフが全力で取り組んでいます。保護者の皆さんのいろいろ不安もあるとは思いますが、お子様の個性を伸ばしながら、新しい可能性を発見するお手伝いをさせてほしいと思います。
お母様お父様の見ていないところで、いろいろなプラスの変化に期待できるかもしれません。
是非一度、体験してみてください。


みゆ先生

みゆ先生(瀬川 美幸)

子どもたちにとって運動やスポーツは、体をたくさん動かすことでストレス発散にもつながり、たくさんの笑顔が増えます。

いつも子どもの言葉にはいつも耳をむけていると、子どもの発語がたくさん増えてきてとても感動し、またやりがいを感じています。

「すぽ・まい」では、「無理をさせない!自分でがんばる!きっとできる!まだ何かできる!」を目標として、子ども達の成長発達を運動を通して促します。

これからも指導者として、たくさんの子ども達の成長を見ていきたいと思いますので、安心して預けていただけたらと思います。


ひろ先生

ひろ先生(横尾 宙)

運動やスポーツをすることによって、子どもたちに力がついてきて、身体が強くなります。また、出来ない事が出来るようになっていき、自信にもつながります。ですから、「出来ないからやらない」ではなく「やってみたい、やろう」という気持ちを大切にして、けがだけはしないようにしながら、楽しんで運動できるように心がけています。

はじめ出来なかったことが、すぐに出来るようになったり、スキップが出来なかった子が(一緒にしてみると)上手に出来た時など、子どもの可能性は無限大だと感じます。そんな子どもの可能性をのばしていきたいと思います。

すぽ・まいは、子どもが思い切り体を動かすことができて楽しめる場所です。また、友達とのコミュニケーションや、順番を守るなどのルールを学べる所でもあります。

子どもが一緒に遊びたいと願い、その中で、その子の持っている可能性を引き出していこうと思います。